オンライン英会話で身につけた英語力は通じる? ハロー先生ドットコムで実践! 

ハロー先生ドットコム1
るん

オンライン英会話中毒のるんです!
オンライン英会話で身についた英会話力って、はたして実際に外国人と話した時に通じるのでしょうか?


オンライン英会話で毎日英語を話していても、外国の方と直接会って話す機会って実はそんなに多くはないのではないでしょうか?

外資系企業に勤めている私でも、毎日、外国の方と実際に会って会話をすることはほとんどないです…。

私の英語って、本当に通用するのかな…?

ふと疑問に思った私は、ある日、外国人の方と対面で会って話をしてみようと思いました。
(※コロナ前の話です)

でも、いったいどんな人がいいのか?

マッチングアプリはこわいし、そもそも恋愛系の出会いは求めていません。
街中を歩いている外国人にいきなり話しかけるのも、なかなか抵抗がありますよね?

そこで見つけたのが、「ハロー先生ドットコム」。

ハロー先生ドットコム」では、英語やその他の言語をマンツーマン(もしくはグループレッスン)で教えてくれる日本在住の外国人を検索して連絡を取ることができます。

ハロー先生ドットコムを利用する際の推奨英会話レベル
●簡単な英語を使って、外国人とそこそこのやりとりができる
オンライン英会話を少なくとも3か月以上やっている

カフェなどで、外国人とレッスンしている方を見かけたことがありませんか?
まさにあれです、あれ!!(語彙力)


るん

では順番に見ていきましょう~!


この記事でわかること

ハロー先生ドットコムでレッスンを受けたい先生を探し、実際に連絡を取るまで。


まずは実際に「会ってみたい先生」を見つける


ハロー先生ドットコム」のトップページから、レッスン言語とレッスン地域を選択します。
英語の他にも、中国語、フランス語、スペイン語など15か国語の言語から選べます!

レッスン地域は自分の家や職場の近くなど、47都道府県の中からどこでもお好きな場所を選択できます。

日本語が話せる方も登録されていますので、ちょっと不安な方は「日本語でレッスンが可能」のところにチェックを入れてみてください。


ハロー先生
(※画像の掲載はハロー先生ドットコムの許可をいただいています。)

そして、「今すぐ簡単検索!」をクリック。


るん

私は「日本語でレッスンが可能」にはチェックを入れなかったのですが、日本在住の方なのでそこそこ日本語が話せる先生とレッスンができました!


次の画面で、もう少し細かく条件を絞っていきます。


レッスン言語
勉強したい言語を選択。

レッスンエリア
レッスンを受けたい地域を選択。

マンツーマン
レッスン料金を選択。
「指定なし」から、なんと「5000円以上」まで!

性別
「女性」もしくは「男性」を選択。

年齢
自分と合いそうな年代を選択。ティーンからシニアまで幅広いです!

私は迷わず若者を選びました…( ^ω^)

「この条件で検索!」をクリック。


るん

検索条件にヒットする先生の一覧が出てきますので、さらに細かく見ていきます。
ここでは個人情報をマスキングしていますが、サイトでは実際にお顔も見れますよ♪


更新日が新しい先生が現在稼働中の方ですので、更新日は必ず確認してくださいね。



1人1人の先生をクリックすると、さらに詳細なページへと飛びます。



体験レッスンやグループレッスンを設定している先生もいます。この先生は柔軟な対応をしてくれますね。

レッスン料金は初回無料の先生もいますが、代わりに交通費などを請求されることがあるので要確認!



レッスン場所は「カフェやレストラン」など、公共の場所がいいと思います。
いきなり「先生の自宅」とかいるんだろうか…? こわすぎる。

それぞれの先生が、どのへんまで来てくれるかも、細かく表示されていますよ。
ちなみに、私は人の出入りが多い主要な駅の近くを選びました!



お好みの先生が見つかったら、「マイ先生カートへ追加」をクリックします。


先生の連絡先を入手する


「マイ先生カート」に進みます。

先生は1人選んでも3人選んでも同じシステム利用料として2800円(税抜き)が発生します。

せっかくなので3人選んでください。



「連絡先入手のお申込み」をクリックします。


利用料金の支払いを済ませると、マイページで先生の連絡先アドレスが確認できるようになります。
申し込みから30日以上経過するとアドレスが見えなくるため、早めに控えておいてください。

るん

この2800円を払うのに、私は1週間迷ったのですが…
迷って迷って迷って、ついに払いました!


先生に連絡をしてみる

先生への連絡は、直接メールを送ります。

ここからハロー先生ドットコムは介入してくれませんので、先生とのやりとりは自己責任となります。

簡単な英作文ができるスキルも必要ですし、けっこうハードルが高そうですが…

初回のメールは、体験レッスンを受けてみたいという内容にします。(フリーメールアドレスを使いました)

Hello,

My name is Run.
I saw your teaching profile and received your email address from hello-sensei.com. I would like to know if you have any available times in the near future to have a trial lesson. Please let me know.

Regards,

Run

実際に送ったメールです。中学生レベルなのは仕方ありません…。

Hi Run,

Thanks for your message! Do you have any day/time that you like best?

先生から送られてきた実際のメールです。めちゃフランクな感じで安心しました。
そして先生も、同じくフリーメールアドレス!

わりとすぐに返信が来るので、次の返信でこちらから都合のいい日にちと時間、場所をリクエストします。
3人とも、こちらの希望どおりにすごくていねいに対応してくれました。

都合が悪くなった場合も、きちんとその旨を伝えればスケジュールを再調整してくれます。


この記事のまとめ

ハロー先生ドットコムで好みの先生を検索する。
■システム利用料を支払って、アドレスを入手する。
■簡単な英作文で先生に連絡を取る。
 →まれに返事がこない先生もいるようですが、私は全員から返信が来ました。
■実際にレッスンしてもらう日時をリクエストして、設定する。

るん

友達や英語学習仲間を誘って、複数で会うというのもいいかもしれません。
次回の記事では、いよいよ先生と2人で会ってレッスンした時の体験談を紹介します!

※今回の記事を執筆するにあたり、画像の掲載を快諾してくださったハロー先生ドットコムの運営局の方、本当にありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA